HOME>注目記事>専門的な治療を行うことで妊娠力はアップする
院内

専門技術で妊娠する方法

そもそも妊娠自体容易なことではありません。いくつかの奇跡が重なって命が誕生します。卵子の寿命は24時間とされており、そのタイミングで精子と出会わなければなりません。精子の寿命は個人差がありますが、受精可能な精子については大体1日~3日が寿命というデータがあります。ですので、確実に妊娠するためには排卵日にすでに子宮内に精子がスタンバイしている状態が理想と言えるでしょう。肉体的に問題がない場合はタイミング法から始めることがほとんどです。横浜には多くのクリニックがありますが、クリニックによって不妊治療の仕方が変わってきます。高齢の場合はタイミング法を行わずにいきなり体外受精や顕微授精にステップアップするケースもあります。信頼できるクリニックを探すことが一番です。肉体的に問題がある場合でも不妊治療によって妊娠することは可能です。

治療の進め方

一般的にはタイミング法から不妊治療は行われます。確実に卵子と精子を出会わせるために排卵日を特定してタイミングを取ります。妊娠しない人の中には排卵日の計算が間違えていてタイミングが合っていなかったという場合もあります。そのような人はタイミング法によってすぐ妊娠することも珍しくありません。横浜では高度不妊治療に力を入れているクリニックもたくさんあります。タイミング法や体内受精で妊娠しなかった場合は高度不妊治療と呼ばれている体外受精や顕微授精にステップアップするのです。女性の体の中ではなく身体の外で受精させてから体内に戻す手法ですので高度な技術を必要とします。治療費に関しても高額になることが多いので、条件をクリアしていれば自治体から助成金を受け取ることが可能です。

広告募集中